谷口産業株式会社

We produce manually Made to Order
手作業で生み出す、こだわりのオーダーメイド品質で日本の鋼業を支えます。 工業用ミシンを用いた高い縫製技術で、鉄鋼梱包資材や緩衝材をオーダーメイドで製造いたします。お客さまにヒアリング、工場を見せていただき目的に合わせて、最適なプランをご提案いたします。

高い技術力で、様々な素材に対応しています。

帆布

平織された綿素材の生地。ポリエステル系の生地よりも耐熱性があり、柔軟性も高い生地となっております。

フェルト

クッション性の高い厚手のフェルト。このフェルトを様々な生地で作ったカバーの中に入れて緩衝材を製造致します。

麻

天然麻繊維で構成されたクロス。油分の吸着性が良く、繊維内に油分を保持します。生地自体の強度も高く、古くから多方面で使用されている生地となっております。

ポリエステル 不織布

ポリエステル長繊維で構成された不織布。長繊維で構成されているため、裁断したところから解れたり、破れたりし辛く、軽量で強度の高い生地となっております。

ポリエステル ブルー

オーソドックスなブルーのシート生地。表面は平滑で強度の高い生地となっております。ご使用状況に合わせたグレードのものをお選びいただけます。

ポリエステルターポリン

耐久性が非常に高く、各分野で使用されている防炎認定を受けている生地です。カラーバリエーションも多くお好みのカラーをお選びいただけます。

商品紹介

梱包シート 鋼管や鉄鋼製品に最適です。

鋼管や鉄鋼製品の保管運搬に製品の品質を守ります。
シートの長さや数量はお客さまに合わせて、柔軟に対応いたします。お気軽にご相談くださいませ。

  • 仕様写真
  • 現場写真

ラワンシート

ラワンはベニヤ板などを作る際に用いられる木材で、3層のシート状にすることで強度・遮光性・耐湿性共に優れたシートになっております。鋼管や鉄鋼製品のキズ劣化を軽減し、国際貿易における木材梱包資材規制による、燻蒸処理の除外規定製品ですので、海外にもスムーズに運搬いただけます。

構造図

  • 仕様写真
  • 現場写真

MI(エムアイ)シートⅠ

ラワンシートと比較すると若干強度は下がりますが、不織布の中でも強度のある長繊維不織布を採用しておりますので、軽量で柔軟性が高く製品に密着するように梱包いただけます。

構造図

  • 仕様写真
  • 現場写真

MI(エムアイ)シートⅡ

フィルム・クロス生地を使用しておりませんので、通気性・透過性があります。不織布の繊維の隙間に油が保持されるので、油分が付いたままの製品に密着して梱包いただけます。

構造図

TS緩衝材 運搬時に製品を安全に守ります。

オーダーメイド商品ですので、サイズや加工素材の厚みや緩衝マットの厚みなど柔軟にご対応致します。
下記はこれまでの事例から代表的な仕様をご紹介します。オーダー時はヒアリングをおこない最適な仕様をご提案致します。

  • 現場写真(1)
  • 現場写真(2)

枕型

コイルや鋼管の下に敷いて、製品を守ります。

  • 現場写真(1)
  • 現場写真(2)
  • 現場写真(3)

結束型

ストックヤードの支柱や、加工ラインの落下部分を保護するタイプです。

  • 現場写真

筒型

ストックヤードの支柱に被せるタイプです。

  • 現場写真(1)
  • 現場写真(2)

特殊型

ご要望に応じた様々な形状に規格対応いたします。

足拭きマット 作業場に最適な強力な油とり足拭きマットです。

マットを敷くことで、場内を清潔に保てます。また、滑りを防止する効果もあるので、作業員も安心です。

  • 仕様写真
  • 現場写真

サンソーブマット

内蔵素材は麻マットで吸収力は抜群です。「普通縫い」「中縫い」「特縫い」の3種類の縫製方法から最適なものをお選びいただけます。オーダーメイド商品ですのでサイズ、厚みはご要望に応じて対応いたします。

構造図

  • 仕様写真
  • 現場写真

パームロールマット

丈夫なパーム繊維で構成されたマットです。ロール形状ですので、広いエリアでご使用いただけます。1本網タイプとよりいっそうの強度を実現した2本網タイプがございます。

製品表面

ジュート ロール・カット

製品の簡易的な緩衝材や、鋼管・鋼棒等の結束の際の当て布として使用します。

  • 仕様写真

ジュートロールカットジュート

麻で構成されたクロスを様々な規格でロールやカットにしてご用意しております。現場に合ったサイズのものを製品の保護にご使用ください。

製品表面

各種袋、ポリフィルム、ブルーシート、クロス原反、ロープなどその他の産業資材はこちらから

サービスフロー

ご相談いただいてから、さまざまな打ち合わせを経て、仕様が完成。いよいよ試作作成になります。
お客様のオリジナルな商品が、これからできあがっていくわけですが、さて、具体的にはどのような道筋をたどっていくのでしょうか。

1.ご依頼ご相談→2.ご希望条件等の確認→3.仕様のご提案→4.お見積り→5.試作品の作成・ご確認→6.ご成約 本制作・納品→7.納品後もサポート